妊娠線を予防

妊娠線クリームを使い始める時期はいつ?

 

妊娠線クリームは効果があるのはわかるのですが、使い始める時期については、いつがよいのか案外悩むものです。妊娠線クリームを塗ろうと思っても、初期の時期はおなかのマッサージはよくないと聞くからです。妊娠線クリームを塗る場合、5ヶ月頃になって、おなかが痒いなぁと思い始めてからでは遅いです。

 

その頃になると既に線が増えていて、せっせと毎日塗っても、妊娠線を予防することはできず、手遅れです。妊娠線クリームを塗り始めるのは、下着をマタニティー用に買い換える時期くらいの妊娠15週くらいがベストです。ただ、塗るだけにして、マッサージはやめたほうがいいです。
マッサージする場合は、優しく塗り込むようにする程度にすることです。おなかが張るようならその日はやめておいた方がいいでしよう。妊娠線クリームを使い始める時期はいつがよいのかというと、妊娠に気が付いたと同時くらいに塗り始めてかまいません。

 

初期の頃は、マッサージはしないようにし、お腹の皮を柔軟にする目的で妊娠線クリームを使用します。マッサージは、安定期にはいってからで、安定期に入っても、お腹が張る日は休むようにします。

 

妊娠線予防と除去に使っておきたいクリーム

 

ニキビ肌の洗顔でやってはいけないこととは、肌に刺激を与えることと肌を摩擦することです。ニキビ肌の洗顔でやっていけないのは、肌に摩擦と刺激を与えるという2点に集約されます。ニキビができるとどうしても早く直さなければいけないと焦ります。そうなると、勢い込んで普段の手入れよりも念入りになってしまいがちです。

 

それが一番問題なのです。ニキビ肌に対しては、しっかり洗顔することが大事ですが、それは、ゴシゴシ一生懸命洗うことではありません。毛穴に詰まった皮脂汚れを取るために、指先に力を入れて念入りに洗顔してしまうと、余計にニキビを悪化させることになります。また、仕上げにタオルを上下に動かしてゴシゴシ拭きとると、ニキビ肌にダメージを与えてしまいます。ニキビ肌に対しては、こうした洗顔法は絶対にNGです。洗顔では摩擦に注意しないといけません。

 

ニキビ肌を改善するには、とにかく摩擦をおこさず洗うことが大事です。洗顔する時は、泡立てネットで泡立てて、きめ細かい泡を作り、泡を顔全体にのせて、手が顔の肌に直接触らないよう優しく洗う必要があります。そして洗い流した後は、絶対にゴシゴシ拭いてはいけません。タオルは顔にあて、優しくおさえるだけで十分です。

 

頬とおでこのニキビを改善するには?

続きを読む≫ 2015/07/10 12:03:10